2012年10月26日

備忘録:macでのwine設定方法

プリンタとの相性が悪くてmacを再インストールしました。
というわけで、いろいろインストールし直し。
OSが10.7になってから、いろいろと不具合があるらしく、困ったもんです。

macでwindowsアプリケーションを使うための、wineっていうツールがあるのですが、これをインストールする方法を備忘録として書いておきます。

@Xcodeをインストール
1) Mac Dev Centerにログインして、Xcodeをインストールする。
2) View all downloads→Command Line Tools (OSX Lion) for Xcode をインストールする。


AMacPortsのインストール
http://www.macports.org/install.php からツールを拾ってきて、インストールする。


BWineをインストールする
1)Terminal を起動
2)以下を実行して、MacPortsの更新を行う(※管理者権限。パスワード必要)。
sudo port selfupdate
3)以下を実行して、Wineを探す。
port search wine
4)以下を実行して、Wineをインストールする(数分かかる)。
sudo port install wine
5)以下を実行して、Wine Tricksをインストールする。
sudo port install winetricks


CXQuartzをインストールする(Bと並行して実行可)
http://xquartz.macosforge.org/landing/ からツールを拾ってきて、インストールする。


これで、インストールは完了。
使い方は、Terminalで
wine explorer
とたたけば、windowsのエクスプローラーみたいな画面が出てくるので、そこから実行ファイルを選んで実行すればOK。

参考URL
http://mattintosh.blog.so-net.ne.jp/56488099


posted by かずみ at 09:12| Comment(0) | mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風邪警報

先週から、我が家で風邪が大流行中です。
まず、義父が調子を崩して半日寝込み、次に私と夫が寝込み、最後に義母が寝込む。。。という感じ。
私も、久々の風邪で、びっくりするくらいの体の痛みに耐えられず、近くの病院に駆け込んだほどでした。血液検査をしたら、先生も同情するくらいのひどい数値だったらしく、すぐに2時間ほど点滴して、痛み止めと抗生物質をもらって帰りました。薬の効果はてきめんで、「こんなに効いて大丈夫!?」と思うくらい劇的に回復したのですが、いやぁ、とにかくつらかった。
ちなみに、検査したけど、インフルエンザではなかったです。まだ、流行してないよね?予防接種、来月の予約だしなぁ。今はやるとちょっと怖い。

というわけで、寝込んでないのは知花ちゃんだけ。
まぁ、ちょっと鼻水ずるずるやってますが、毎日たくさんご飯を食べ、機嫌良く遊び回っているので心配ないかな?
ほんとに、うつらなくてよかったです。。。どこがどう痛いって、明確に言語化できない子供が風邪をひくと、どうしてあげたら楽なのかがわからないし、多分本人ももどかしくてぎゃんぎゃん泣くし。。。
このまま、過ぎ去ってくれることを祈るばかりです。


そうそう、一昨日、叔母が遊びにきてくれました。
久しぶりの再会で、知花ちゃんも最初こそちょっとびびってましたが、すぐに慣れていっぱい遊んでもらいました。楽しかった〜〜♫
早く年末にならないかな。実家に帰るのが楽しみです。
posted by かずみ at 08:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。