2006年08月25日

ミュージアムレビュー:『追善浮世絵展』

千葉市立美術館で同時開催していた、『追善浮世絵展』。西洋もすごいけど、日本だってすごいんだぞ!活版印刷なんかなくったって、美しい版画で鮮やかな色の浮世絵が描かれてたんだから☆

tuizen1.jpg
(この展示は、フラッシュさえたかなければ撮影OKなのだ)

“追善”というくらいだから、展示されてる絵はほとんどが死絵とよばれる絵です。故人をしのんで描かれた絵ってことね。なので(写真じゃちょっと分かりにくいけど)、だいたい衣装は死装束を表す浅黄色(ちょっと薄めの青緑色みたいな色)で、手には数珠を持ってるのが多い。こういうのが死絵の特徴なんですって(←去年歌舞伎の授業で習った)。

死絵なんだから、めったなことは言えないと百も承知ですが、それにしてもツッコミどころありすぎです、この展覧会。せっかくなのでバラしちゃいます。

tuizen2.jpg

左のほうの立て札に注目(クリックして拡大表示!)。

「三ツの川」

「是より極楽道」

い、行き先表示!?
何ですか、閻魔様のお裁きをすっとばしてさっさと極楽に行っちゃおうって魂胆ですか。そんな閻魔様を無視するようなことしたら、いくら人気役者といえど確実にばちがあたります


tuizen3.jpg

明らかに、安らかに眠れてない感がひしひしと伝わってきます。
それにしても、左下の餓鬼(?)の「あきらめ」ってのは、何なんでしょう。
死人相手に、むしろそっちこそあきらめてやれと、この役者さんに同情します。


tuizen4.jpg

口上の席かと思いきや、観客は餓鬼たちです
歌舞伎役者は、天国に行くにも地獄に行くにも口上を述べさせられるんですね。大変ですね。


tuizen5.jpg tuizen6.jpg

八代市川団十郎の死絵。
生前もてまくっていたということがイヤでも分かります
女に囲まれすぎです。
ていうか、左の絵のおばあちゃん、本人を前にして髪をつくろうなんて、いくらなんでもあからさますぎです。
右の絵、『見立涅槃図』というのですが(“涅槃(ねはん)”についてはこちら)、こんなに女に囲まれての涅槃だなんて、お釈迦様に失礼です。しかも、なんで猫まで泣いてるんだ!


他にもおもしろいネタはたくさんあったのですが、今日はここまで…。
気になる人は、千葉市美術館へ!ちなみに、この展示だけなら200円で見れちゃいます。一見の価値ありですよ!

よく見ると どこかおかしい 追善画 (byかずみ)


posted by かずみ at 22:53| Comment(3) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええなー、姉様は余暇を満喫してるねー。
面白そう。
千葉でやってるんやなかったら見にい……かんかな、私は(をぃ)。

ツッコミを 入れるあたりは 関西人
    せっかくだから 和歌山弁で

   微妙に字余り。残念!
Posted by ひろ at 2006年08月26日 00:07
やーい、もやしっ子。
大阪におんねんから、NGKでも行っておいで。おっと、NGKって何?とか言ったら関西人の称号を剥奪するからね。日曜日のお昼の吉本をナマで見てくるのだ!レポよろしく♪
Posted by かずみ at 2006年08月26日 00:27
八代目市川團十郎・・・・・・。

32歳で突然、大阪で自殺したんだよねぇ。江戸への義理立てとかという推測がされてるけど、とんでもない衝撃だよなぁ。

Posted by at 2014年05月29日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。