2012年04月16日

チューリップ

義母が丁寧に庭の花の手入れをしているので、うちには春の花がたくさん咲いています。
チューリップやパンジー、紫花菜、ムスカリ、水仙、アネモネ、クロッカス、花韮などなど。
蜜を求めて蝶々が舞い、風が吹けばどこからともなく花びらが流れてくる。春っていいですねぇ。

娘の知花、という名前は、私がどうしても「花」の字を入れたくてつけました。
温室で大事にされて咲く花もあるけれど、花は本来、厳しい天候に耐えて芽吹き、泥水を吸って花開くものです。そして、そうやって咲いた花は多くの人に愛され、多くの人の心を和ませます。桜のように、散るときですら美しくある花もあります。
子供には、できるだけ悲しい思いはしてほしくないし、幸多かれと願っていますが、長い人生、つらいことや苦しいことがあるのもまた事実。だから、そういう艱難辛苦をも糧にして凛と生きられる、強く美しい人になってほしいと思っています。そして、願わくば多くの人に愛され、多くの人を愛せる人になってほしい。

そんな知花ちゃん、最近「チューリップ」という単語を覚えました。
ちょっと油断すると「プーリップ」になっちゃいますが、いちおう花の区別はついているようで、チューリップの花だけを選んで「あ、チューリップ!」と言っています。
今日は、「パンジー」を教えてみたのですが、こちらはあんまり言ってくれません。チューリップのほうが語感がいいのかな。
そういえば、佐倉でチューリップフェスティバルが開催されているそうです。4月末までだけど、今が見頃だそうなので、近いうちに連れて行ってあげたいなー。


posted by かずみ at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。