2012年06月01日

ミシンが壊れました

夫のエプロンを縫っていたら、ミシンが壊れました。デニム生地が重なったところを縫ったときに、針が引っかかったのがよくなかったらしい。。。下糸がうまく針にかからなくなり、お手上げなので電器屋さんに持っていって修理に出してもらいました。見積もりに7〜10日、修理に2〜3週間かかるそうな。つまり、1ヶ月ほどミシンをいじれなくなるということです。あーあ。。。

ミシンは、分解したり修理したりするのに特別な免許が必要らしく、見積もりをしてもらうだけでも3000円はかかるといわれました。そんで、修理はだいたいい8千円〜1万円だそう。うーん、イタイ出費だ。。。でも、おばあちゃんに買ってもらった大事なミシンなので、完全復活するのを待とうと思います。早く元気になって帰ってくるんだよー!!

しばらくは、タティングレースと牛乳パックカルトナージュでもやってるかー。。。


posted by かずみ at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。