2007年01月14日

歌舞伎レビュー:『初春大歌舞伎』

1月です。新春歌舞伎です。とういことで、行ってきました☆
最近は歌舞伎を幕見で観ることが多くなっていたのですが、さすが新春歌舞伎、演目もキャストも超豪華。なので、今回は思い切って午前の部の3等席(←でも3等席)買っちゃいました。久々!そして、一緒に行ったMちゃんにとっては、初の歌舞伎座内部での観劇です。

kabukiza_chirashi_07012b_handbill.jpg
(ふたたび松竹サイトからお借りしてきました)

今回の昼の部の演目は、

1.松竹梅
2.平家女護島 俊寛
3.勧進帳
4.六歌仙容彩 喜撰

そんでもって、注目はもちろん勧進帳!!しかも、武蔵坊弁慶を松本幸四郎さんが演じるとあって、私はかなり興奮しておりました(←幸四郎さんファン)。

1幕目の『松竹梅』は、お囃子。私は、舞踊やお囃子ですぐに眠くなってしまう罰当たりなお子様なのですが、今回は面白かった!松、竹、梅と、背景がテーマに合わせて変わるの!さすが新作、なかなか奇抜な演出でした。

次の『俊寛』は、流刑にあって島で暮らす俊寛という元僧侶の話。同じく島で暮らす成経という若者と、海女の千鳥を添い遂げさせようと、一肌脱ぎます。なんというか、あまり救いのない話で…とてもおめでたい話って感じではないんだけど、人情味のある、いいお話でした。

そして注目の勧進帳。いやー、幸四郎さん素敵!ダンディ!男前!!声も渋くて、ほんとに惚れ惚れしました。関守相手にハッタリかますところなんて、もぅほんとに素敵すぎます。はぁーーー、近くで見れてよかった〜〜!(←今回3階席なので、幕見の4階席に比べたら倍ぐらい舞台に近いのです)
勧進帳は、中学校の音楽の時間に「伝統芸能に触れよう」みたいな時間があって、そのときにビデオでちらっと見たことしかなかったんやけど、ほんとによかったです。やっぱり人間、必要なのは人情だよなぁ、とか思っちゃった。そんで、とっさの機転をきかせる弁慶が、というか幸四郎さんがまた素敵で…(→振り出しに戻る)。

もうひとつの注目は、去年襲名披露を終えたばかりの勘三郎さんが演じる喜撰法師。これまたお囃子なんやけど、とっても滑稽で、ユーモアあふれるコメディーって感じでした。勘三郎さん、シブいのに、あんなひょうきんな役もなさるのね…。素敵。


豪華キャストの新春歌舞伎は、会場もほぼ満席。やっぱり、お正月ってこともあって着物姿の女性が多くて、華やかでいいなーと思いました。着物着て歌舞伎なんて、ほんとにステキ!私は自分の着物を1着も持ってないのですが、いつか着物を着て、ちょっといい席で歌舞伎を見たいなぁと、今日はほんとに、心から思いました。着物欲しいなぁ…お金貯めようかな。そんでもって、着付けとか習おうかしら。

2月の歌舞伎は、通し狂言の『仮名手本忠臣蔵』。いよっ、待ってました!また見に行く予定です。そんでもって、2月には待ちに待った文楽の公演もあるのですよ(@国立劇場)!残念ながら今回は桐竹勘十郎さんは出演なさらないみたいですが、私の好きな演目、『妹背山女庭訓』をやるみたいなので、ぜひぜひこちらも見に行きたいです♪


posted by かずみ at 22:41| Comment(4) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
着物で観劇っていいよねぇ。
気軽に和服を着こなせるような環境にいたいなぁ、と常々思っているよ。

また歌舞伎一緒に行こう☆
Posted by KaNa at 2007年01月14日 23:09
以前、KaNaさんが「お正月に着物を着る」っておっしゃってたのを聞いて、すてき〜!!って思いました。ぜひぜひ、着物着て行きましょうよ♪着物がたいそうなら、浴衣でも!!

土日はお休みなんでしょうか??またお誘いメール送りますね〜☆
Posted by かずみ at 2007年01月15日 19:32
 興ざめするかもしれんが、暗闇の社会を歩んでいるボクとしては、着物の購入はおすすめできません。
 なぜかって?それは、また、一緒にご飯を食べるときに
ね。。
Posted by クリケン at 2007年01月15日 22:47
えっ、なんでーー??
気になるー!
Posted by かずみ at 2007年01月16日 20:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。