2007年04月11日

ブックレビュー:"The Shadow of the Wind"

読み終わっちゃいました、Carlos Ruiz Zafonの"The Shadow of the Wind"。世界中で大絶賛され、何ヶ国語にも翻訳された超話題作と言うだけあって、ストーリーのテンポがよくってぐいぐい引き込まれてしまいました。

“本の墓場”で見つけた一冊の本、"The Shadow of the Wind"。運命的なその本との出会いが、少年Danielの日常にミステリアスな影を落とす。
本の作者、Julian Caraxについて調べ始めたDanielは、Julianの著書が片っ端から破壊されていることを知る。
本を奪おうとDanielに近づく謎の男。友人Ferminの行動に目を光らせる怪しい警察官、Fumero。初恋の女性、Claraとの出会いと別れ。親友Tomasとその妹Beaの存在。そして、明らかになるJulianとPenelopeの悲恋。
たくさんの人々を巻き込んで、謎が謎を呼び、思いは交錯する。愛情、憎しみ、友情、裏切り―。

駆け落ちの約束をしたJulianとPenelope。約束の日の朝、Julianは、手を貸してくれた友人Miquelと駅でPenelopeを待つが、彼女は現れない。

"There's still time," Miquel murmured with his eyes fixed on the station entrance.
At five past one, the stationmaster gave the last call for passengers traveling to Paris. The train had already started to slide along the platform when Julian turned around to say good-bye to his friend. Miquel Moliner stood there watching him, his hands sunk in his pokets.
"Write," he said.
"I'll write to you as soon as I get there," answered Julian.
"No. Not to me. Write books. Not letters. Write them for me, for Penelope."
Julian nodded, realizing only then how much he was going to miss his friend.
"And keep your dreams," said Miquel. "You never know when you might need them."
"Always," murmured Julian, but the roar of the train had already stolen his words.

「出発まで、まだ、時間はある」とMiquelが駅の入り口をじっと見つめながら言った。
1時5分。車掌がパリ行きの乗客への最終案内を放送した。JulianがMiquelを振り返ってさよならを言おうとしたときには、電車はすでにプラットホームを離れ始めていた。Miquelは手をポケットに入れたまま、Julianを見つめていた。
「書けよ!」とMiquelが言った。
「向こうに着いたら、すぐに手紙を書くよ」Julianは答えた。
「違うよ、手紙じゃなくてさ、本だよ!本を書けよ!俺と、Penelopeのために!」
Julianはうなずきながら、そのときになってようやく、Miquelとの別れの寂しさを感じていた。
「あきらめるなよ!夢は、持ち続けるものだから!夢が必要になるときが、きっとあるから…」
「いつだって、夢は必要だよ…」そう答えたJulianの言葉は、電車の騒音にかき消されてしまっていた。

("The Shadow of the Wind" p278 訳はmy意訳)

スペイン語の英訳版なので、英語自体それほど難しくなく、すらすら読めます。難しい比喩とかもないし。
内容は正統派ミステリーって感じ。ミステリーファン必読!登場人物が多いのでこんがらがりそうになるけど、伏線もばっちり張られていて、「この人とこの人はここでつながってたんや!」ってコトもあったりします。Julianのたどった数奇な運命と主人公Danielの人生がなんとなくかぶっているところも、不思議な宿命を感じさせます。お気楽ハッピーな話ではないけれど、なぜか惹きつけられてしまう…そんな、たくさんのエッセンスが詰まった1冊でした。

集英社の邦訳版『風の影』スペシャルサイトはコチラ

「続きを読む」をクリックすると、商品詳細が見られます。
The Shadow Of The WindThe Shadow Of The Wind
販売元 : Amazon.co.jp 洋書
価格 :
[タイトル] The Shadow Of The Wind
[著者] Carlos Ruiz ZafonLucia Graves
[種類] ペーパーバック
[発売日] 2005-01-25
[出版社..
>>Seesaa ショッピングで買う


posted by かずみ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。