2005年10月21日

最近進化したなぁと思うこと

まぁあんまり大きな声では言えないんですけど(でも公表しちゃえ)、最近自分でもちょっと進化したなぁと思うことがあります。

それは…


 ギリシャ語の授業中に練習問題

(たぶん宿題)の訳ができるようになったこと。


難しいだのややこしいだの覚えることがたくさんあるだの、ぶーぶー言い続けて結局3年目に突入した『古典ギリシャ語』学習。
学部の授業で使っているのは、『ギリシャ語入門改訂版』という、岩波全書から出ている割と古い(初版が1951年…)教科書なんですが、この教科書、ご丁寧に、1課ごとに10問のギリシャ語→日本語訳の問題がついてるんです(日本語→ギリシャ語の練習問題もあるけど、まったく実用性に欠けるので今まで取り上げられたことはナイ)。
んで、その翻訳、去年までは前日に何時間もかかって翻訳していたのですが、最近になって授業中にさらさらっと翻訳できるようになりました(いや、予習しろよ…という突っ込みは無視です)。

ギリシャ語を翻訳するときには、いくつかコツがあって、まず一番大事なのは動詞。次が冠詞(名詞の性・格・数が判別しやすいい)。そんでもって最後に前置詞。これが抑えられれば短時間でそこそこ正確な訳ができます。
一番大きな問題が、動詞の原形は何か、どういう形に変化してるのかということですが(カメがガメラになる程度の変化ならまだしも、動詞によっては仮面ライダーがモスラに変身するくらいありえない変化形を持つ不規則動詞もあるのだ)、私が思うに、この作業に(3年かかって)慣れたおかげで翻訳のスピードが上がったようなのです。

成長したなぁ、私(←こうゆうのをヒトは『自画自賛』もしくは『自己満足』と呼ぶ)。

ちなみに、今日訳した例文のひとつ。

χρυσος τας των ανθρωπων ψυχας δηλοι.
(黄金は人間の魂を明らかにする)

…生々しい…。


posted by かずみ at 22:03| Comment(3) | TrackBack(0) | ツッコミあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろんな言語を学んでるんだねー。
やっぱ外大は素敵だわ☆

↑全然文字に見えないよ〜笑
Posted by マリ at 2005年10月22日 00:05
ラテン語の授業もそうだったけど、例文がいちいち面白いよなあ。


一番進化したのは、予習せずに授業に突撃するあなただと思います。
Posted by seppin at 2005年10月22日 07:27
>マリちゃん
ギリシャ文字なんて、数学や物理でしかつかわないもんね〜。でも読めると楽しいのよ☆


>seppinさん
ラテン語も確かに、変な文ばっかり訳させられるよね…。

>>『一番進化したのは、予習せずに授業に突撃するあなただと思います。』

…がごっ。
Posted by かずみ at 2005年10月22日 23:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。