2012年10月26日

備忘録:macでのwine設定方法

プリンタとの相性が悪くてmacを再インストールしました。
というわけで、いろいろインストールし直し。
OSが10.7になってから、いろいろと不具合があるらしく、困ったもんです。

macでwindowsアプリケーションを使うための、wineっていうツールがあるのですが、これをインストールする方法を備忘録として書いておきます。

@Xcodeをインストール
1) Mac Dev Centerにログインして、Xcodeをインストールする。
2) View all downloads→Command Line Tools (OSX Lion) for Xcode をインストールする。


AMacPortsのインストール
http://www.macports.org/install.php からツールを拾ってきて、インストールする。


BWineをインストールする
1)Terminal を起動
2)以下を実行して、MacPortsの更新を行う(※管理者権限。パスワード必要)。
sudo port selfupdate
3)以下を実行して、Wineを探す。
port search wine
4)以下を実行して、Wineをインストールする(数分かかる)。
sudo port install wine
5)以下を実行して、Wine Tricksをインストールする。
sudo port install winetricks


CXQuartzをインストールする(Bと並行して実行可)
http://xquartz.macosforge.org/landing/ からツールを拾ってきて、インストールする。


これで、インストールは完了。
使い方は、Terminalで
wine explorer
とたたけば、windowsのエクスプローラーみたいな画面が出てくるので、そこから実行ファイルを選んで実行すればOK。

参考URL
http://mattintosh.blog.so-net.ne.jp/56488099


posted by かずみ at 09:12| Comment(0) | mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。