2012年04月08日

『プラネタリウム』

梨屋 アリエさんの『プラネタリウム』を読みました。

プラネタリウム (講談社文庫) [文庫] / 梨屋 アリエ (著); 講談社 (刊)

今回も短編集。不思議な話が多いです。恋する気持ちが欠片になって空から降ってきたり、泣きすぎて自分が溶けて水たまりになっちゃったり、月に帰りたい女の子と森になりたいその友達がいたり、常に地面から15センチ浮いている男の子が出てきたり。
そういう非現実な設定があるかとおもいきや、それぞれが考えていることはとっても現実的で、恋をしたことがないと悩んでみたり、失恋して大泣きしたり。

こういうのはライトノベルって言ったらいいのかな。いろんな本を読む、その本と本の隙間にこういうのを1冊読むのはいいけど、私にはちょっと軽すぎて、物足りない感じがしました。どうでもいいことなのかもしれないけど、登場人物の名前がどことなくぶっとんでて、「青海」でセイガイさんとか、「衣生」ちゃんとか、よみがながないと読めない名前が多くて、えっ、最近は小説でもこうなの!?と変なところにツッコミをいれてしまいました。DQNネームっていうんだっけ、こういうの?せっかく読み進めても、途中で「あれ、この人の名前なんて読むんだったっけ」ってまた最初に戻って名前の読み方を確認しなきゃいけないのは、すごく盛り下がります。うーん。



さて、今日はとってもいいお天気でした。
風もあんまりなかったし、ほんと心地よい春の日って感じ!リビングの窓を開けて、ひなたぼっこしながら読書できるなんて、幸せの極みです。あぁ、春っていいなぁ!!!


posted by かずみ at 22:52| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

カルトナージュ

いっかいやってみたいなーと思っていたカルトナージュ。
まぁ、要は、厚紙に布を貼付けて箱とか作るってものなんですが、厚紙といってもそんじゃそこらで手に入るような厚紙じゃだめで、カルトンっていう2ミリくらいの厚さのある紙が必要だったりして、なかなか手を出せずにいたのです。が、そうか、厚紙なら牛乳パックというすばらしい厚紙があるじゃないか!と思って探してみたところ、案の定図書館には牛乳パックで作る布箱の本がたくさんあったので、早速『牛乳パックの布箱とこもの』っていう本を借りてきて、CDケースを作ってみました。

DSCF9557.jpg DSCF9556.jpg

意外と簡単にできました。しっかり貼付けるにはアイロン必須な感じです。小ちゃくて細かいところに手が届くアイロンが欲しくなります。他にもいろいろ載ってるので、今度は箱も作ってみよう。

牛乳パックの布箱とこもの (レディブティックシリーズno.3282) [ムック] / ブティック社 (刊)

おまけ。
知花ちゃん@名古屋城。みたらし団子を食べて超ご機嫌です。口もとが大変なことになってますが(笑)
DSCF9554.jpg
posted by かずみ at 22:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

『こちらの事情』

森浩美さんの『こちらの事情』という本を読みました。
短編集ですが、とってもよかったです。

こちらの事情 [単行本] / 森 浩美 (著); 双葉社 (刊)

思春期の娘と父親の対立とか
母親の介護をめぐる兄弟の関係とか
息子になるはずだった命を流産で失った家族とか
養女として育ててくれた母との旅行とか
急逝した妻の遺品に思いがけないものを見つけた夫とか

切なかったり、哀しかったり、ほろ苦かったりするけれど、最後の一幕には必ず光や救いがあるお話ばかりです。
重松清さんの小説の雰囲気に似てるかも。
姉妹編もぜひ読みたいと思いました。

母親を施設に入れることになり、すまなそうにする息子に向かって母親が「お前は人様に後ろ指さされるようなことをせず立派に育って家庭をもった。それだけで十分親孝行だ。おまえの手は2つしかないのだから、いろんなものをたくさん持つことはできない。大事なものを持っていても、もっと大事なものができたら、先に持っていたものは手放さなきゃいけない。荷物を持つには順番がある。順番を間違えると、それは大事な荷物ではなく”お荷物”になってしまう。親に育ててもらったら、今度は子供を育てる。それが順番。今お前が大事にしないといけないのは家族と仕事。お前は娘のために一生懸命働けばそれでいい」と言った場面が印象的でした。こんなことを言える母親になりたいなぁ。
posted by かずみ at 22:33| Comment(2) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

うれしい知らせ

ポーランドの友達からかわいいイースターのポストカードが届きました。
そういえば、クリスマスやハロウィンは日本でも市民権を得つつあるけど、イースターはなかなか流行らないですね。なぜかしら。

ポストカードには、ぎっしりと近況が綴られていて、彼女が結婚したことも書かれていました。写真も同封されていて、とってもきれいな花嫁さんでした。おめでとう!


彼女とは、ポーランドでの言語学の勉強会で出会いました。あれからもう8年くらいたちます。1年に数回の手紙のやりとりだけど、それでもしっかりつながっています。
人と人との関係は、つり橋に似ていて、行き来しないとほころびに気づかず橋が壊れて落ちてしまうこともあります。そして、いったん壊れてしまった橋は、なかなか作り直すのがむずかしい。
私は昔、「あ、このままいくとこの人との橋は壊れてしまうな」と気づいていたにもかかわらず、自分から積極的にその橋を修復しなかったせいで、ほんとうにその人とのつながりをなくしてしまったことがありました。そのときとっても後悔したし、そのことは今も小さな刺となって私の心にひっかかったままです。
お互いが、それぞれの橋が壊れないように気を配ることがいちばんだけれど、ほんとうにつながっていたい相手なら、相手が橋の管理を怠ったとしても自分がちゃんと管理することが大事だと思います。

彼女へのお返事は、きれいな桜の便せんを使おうかな。
春の嵐が過ぎ去って、日本の桜はいよいよ満開を迎えます。美しく儚い季節です。
ポーランドの桜も、咲いているのでしょうか。
posted by かずみ at 22:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

新年度

4月です。
3月は、うっかり1度もブログを更新しないままになってしまっていました。
Facebookやmixiで近況をちょくちょくアップしていたので、日々の出来事をきちんと文章化せずに1ヶ月過ごしていたということです。1ヶ月も!!!
でも、自分の考えたことを「つぶやき」ではなくきちんと文章にするのは大切だと思います。このままでは脳が退化してしまう。いかんいかん。

さて、3月は何をしていたのかというと、友人のお宅にお邪魔したり、女友達と錦糸町デートをしたり、風邪をひいたり、ミシンをがたがたやったりしていました。
そして3月31日は、弟の結婚式でした。おめでとう弟よ!!!アットホームでとっても素敵な式でした。
知花ちゃんは、リングガールという大役をおおせつかったり、乾杯の前に目の前のオレンジジュースを一気飲みしてしまったり、二従兄弟に猛烈アタックかましてみたり、従妹にキスの嵐をあびせたりと、まぁよくはしゃいでいました。とにかく、1歳下の従妹のちーちゃんがかわいくて仕方ないらしく、「ちーちゃんかわいい。ちーちゃんかわいい」と連呼し、朝寝起きの超不機嫌なときでもちーちゃんがいれば目尻を下げ、無理だよって言われながら抱っこしにいったりしてかわいがりまくりでした。年の近い従妹がいてよかったねぇ。
二従兄弟(ゆきちゃん、かーくん、まーくん)ともたくさん遊んで、ほんとに楽しい1日となったようでした。

結婚式後、新婚旅行に向かう弟夫婦を見送ってから、帰り道に名古屋で一泊。
名古屋名物食べまくって、名古屋城のライトアップ見ながら寝て、次の日名古屋のモーニングを食べて名古屋城散策しただけだったけど、食べ物はおいしいし、人もいい人が多くてとってもよい所でした。またゆっくり行きたいなぁ。知花ちゃんがもうちょっと大きくなったら、リトルワールドとか明治村とかも行きたい。
いつも車で和歌山に帰省するので、中間地点の愛知県はこれからもちょくちょく遊びに行けそうです。


そんな3月末&4月初めでした。
今月はもっと頻繁にブログを更新しようと思います。がんばろー。
posted by かずみ at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

2月が

終わります。あぁ、今年も6分の1が終わってしまう。

そんで、今日は4年に1度の閏年でしたが、何ら感動もなく過ぎてしまいました。いやまぁ、別に感動はしないけど。


先週末には友人の結婚式があり、ここ数ヶ月こつこつ作ったリングピローがようやく日のめをみました。
割とシンプルなものにしたのですが、うっかり周りをタティングレースで飾り付けようと思って作り始めてしまって、思いのほか時間がかかってしまいました。でも、喜んでくれてよかった!
レストランを貸し切っての結婚式は、とっても素敵でほんとにいいお式でした。花嫁さん、きれいだった〜!!
どうか末永く、お幸せに!


その後、結婚式に参列した別の友人が泊まりにきてくれていたので、のんびりガールズトークを楽しんだり、成田山に散歩しにいったり(ほんとは梅祭りに行ったのですが、咲いてなかった)、濃い3日間を過ごしました。
たっぷりおしゃべりできて、ほんとに楽しくて、遠い田舎に泊まりにきてくれた友人と、そのきっかけを作ってくれた花嫁さんに感謝感謝です。知花もたくさん遊んでもらって、超ご満悦でした。


さて、来月はいよいよ弟の結婚式です。
楽しみだ〜〜♪
posted by かずみ at 22:57| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

煎酒

昨日、友人と江戸東京博物館に行ってきました。
常設展を見たんやけど、なかなかおもしろかったです。社会科見学にもってこいな感じ。

そんで、そこのお土産屋さんで、『煎酒』というものを買いました。
実は、先日読んでいた「倖せの一膳」という本の中に、この煎酒が出てきて、それで、つい。

倖せの一膳 小料理のどか屋 人情帖2 (二見時代小説文庫) [文庫] / 倉阪 鬼一郎 (著); 二見書房 (刊)

「倖せの一膳」はシリーズ「小料理屋のどかや人情帖」の第二弾。
小説の舞台は江戸時代で、わけあって刀を包丁に持ちかえた元武士の料理人、時吉の人情話が詰まっています。
この中の「味くらべ」というお話で、料理対決に出ることになった時吉が、「1つだけ出汁もしくはたれを持ってきてもよい」と言われて持参したのがこの『煎酒』だったのです。
お酒に梅干し(梅酢)と花鰹を入れてじっくり煮詰めた調味料で、うまみがぎゅぎゅーっと詰まっているんだそう。
どんな味かとどきどきしながら、今日の晩ご飯の親子丼としめじのお吸い物を作るときに使ってみたら、だし醤油のあんまりしょっぱくない、でも旨味の濃いような味がして、特にお吸い物はほんとにおいしくなりました。
和食なら、どんなものにも使えそうで、江戸時代にもっぱらよく使われていた調味料というのもうなずけます。
なかなか手に入るものでもなさそうだけど、きれたらきれたで自分でも作れそうな気もします。昔の人は作ってたんだしね。

とまぁそんなわけで、久々に、いいお買い物をしました♪♪


両国に行ったついでに、ちゃんこを食べて、芥川龍之介が育った場所の跡地やら勝海舟の生誕の地の跡地やら、吉良上野介の屋敷跡やらも見てきました。吉良邸跡はともかく、芥川氏や勝海舟に関しては、碑がたっているだけだったので、見ても「ふーん」という感じ。。。看板だけじゃ、ありがたみもなにも感じられませんでした。でも、ちゃんこはおいしかった〜!町中を力士が自転車で徘徊(?)しているのも、あちこちに「●●部屋」と書いた看板があるのも、相撲の町って感じがしました。それにしても、力士が自転車に乗ると自転車が小さく見えてちょっと哀れ。。。よくパンクしないなあと思ってしまいました。失礼なこと考えてすみません(笑)。
posted by かずみ at 23:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。